windows of a Louis Vuitton store
2020年12月16日
Article-reading-time 3分

エコデザイン ウィンドウの舞台裏

「通りを楽しい場所に変えましょう」と1925年に記していたガストン-ルイ·ヴィトン。冒険と想像力を融合させたコミュニケーションの優れたベクトル - 芸術的なウィンドウ·ディスプレイのデザインは、メゾンの歴史と文化に密接に関連したサヴォアフェール(匠の技)です。

ルイ·ヴィトンのビジュアルイメージスタジオと環境チームがシーズンごとに協力し、世界中の約460店舗のウィンドウに命を吹き込み、その生態学的影響を軽減します。このエコデザインのプロセスは、メゾンのサステナビリティにおけるアプローチであるルイ·ヴィトンの終わらぬ旅の──環です。今年のホリデイ·ウィンドウのお披露目では、フェイ、ローレンス、エマニュエルが、いかにして彼らのチームがお互いに刺激し合い、ルイ·ヴィトンの循環的な創造性を探求し、天然資源の保護を支援するために創造的で責任のある新たなロードマップの設計を行ったかについて説明します。

ビジュアルイメージスタジオの購買·制作マネージャーであるローレンスは、「エコデザインは、私たちが課題にアプローチする方法と私たちがどのように協力するかを問いかけます。これは、材料、工芸技術、輸送の面で研究と革新を刺激する新たなアプローチです。私たちはこれから見たこともないものを開発するでしょう!」と熱意を持って強調します。

「私たちは、象徴的な幹と同じ木から生まれた水晶の木を想像しました。冬の風景を彩るイルミネーションから着想を得て、白い彫刻に雪と色のついた光を加え、輝きと楽しさを吹き込みました」と、ビジュアルイメージスタジオのディレクターであるフェイは説明します。さらに「自然を祝すこのウィンドウには、はじめからサステナビリティをクリエイティブに織り込むことが最も重要でした」と彼女は付け加えます。リサイクル可能な材料、再利用の可能性を最適化する設計、また近くの生産現場──私たちのウィンドウの影響を減らすことは、各コンポーネントのライフサイクルのすべてのステップで考慮されるグローバルな検討事項です。

View of a Louis Vuitton store window
View of a Louis Vuitton store window
View of a Louis Vuitton store window
View of a Louis Vuitton store window

「私の役割はフェイとローレンスのチームに助言し、選択した材料や厳選された製造過程そして輸送が環境への影響を最小限に抑え、ウィンドウに使用される要素にセカンドライフを歩むようにすることです」 と環境プロジェクトマネージャーのエマニュエルは述べています。「これには、リサイクル可能性の評価や環境影響分析の実行、またはエコ素材のモニタリングの確立が含まれます。重要なのは、知識を向上させ、インスピレーションを広め、環境に関する最良の選択に挑戦し続けることです」と彼は説明します。 ローレンスはこの目的を完全に共有しています:「エコデザインは私たちの日常業務を変えますが、私たちは皆同じ方向に向かっているのです」。