The Louis Vuitton experience

Customized mobility

未経験の職種や海外でのポジションにもご応募いただけます。自らチャンスを作り、掴む方法を心得てさえいればルイ・ヴィトンのキャリアに不可能はありません。実例をご紹介しましょう。

A new role

ルイ・ヴィトンのモノグラムの背後には、さまざまな職種と、検索すべき9つの世界が隠されています。あとは、チャレンジする心構えができているかどうかです。

レベッカ - パートタイムから正社員へ

レベッカ - パートタイムから正社員へ

こうした経験のすべてが本当に現在の私自身を作り上げたと感じています。仕事と私は互いの上に成り立っているのです。

***

私はレベッカです。
私はオハイオ州のコロンバスで15年前にキャリアをスタートしました。最初はコロンバス店のパートタイムのクライアント・アドバイザーでした。
私は平日はフルタイムで学生をしていましたから、週末の助っ人のようなもので、とても良い経験になりました。というのはその頃は、情報を駆使したクライエンテリングが導入されており、それをずっと経験できたからです。私はたくさんの緊密な関係を築くことができました。そこで私は初めてラグジュアリーとは何なのか気がついたのだと思います。
コロンバス以来、私はいくつかの異なる役割を経験しました。私が次に転勤になった町はシカゴだったと思います。シカゴに転勤した2-3年後に今度はニューヨークに転勤しました。
私がニューヨークのヴィトンに移ったのは、実はメンズストアのチーム・ユニバース・マネージャーとしてでした。私はここ北アメリカのメンズストア1号店をオープンしたのです。それは素晴らしい経験でした。
異動したときや職務が変わった時、最初の3ヶ月は少し大変ですがやり甲斐があるといつも思います。
再出発や新しい町への異動はとてもドキドキすると同時に少し不安なものです。例えば、私がシカゴに引っ越したときは、知り合いは誰もいませんでした。私はただ機会を掴んでこの新しい体験のためにオハイオからシカゴに引っ越したのです。私は新しいストアの内実と表面を学ぶだけでなく、新しい生活についても学びました。私は今では、プライベートでも仕事でも変化に対して、大抵の場合、とても順応性があります。
シュプリームとのコラボレーションで行ったプロジェクトのマネージメントをしました。マーチャンダイジングの立場から、私はそのプロジェクトの指揮をとりました。
私たちは物事に対してとても透明でした。外部のストリートウェアブランドとのコラボレーションだったため、私たちは素早く行動する必要がありました。すべてが最後の瞬間までちょっとした極秘事項でした。それでとても楽しい経験になりました。絶対に一生忘れない経験だと思います。
チーム構築の場面を楽しんだり、パリでの購買セッションで夜遅くまで働いたり、VICのお客様と仕事をしたりというだけではなく、あらゆる瞬間を活用して私は、本当に一生懸命働こうとしました。私は、こういう経験のすべてが本当に今の私自身を作り上げたかのように感じます。経験と私は互いの上に成り立っているのです。
他の会社での異動について話を聞いて異動について考えるとき、異動がとても早いと時々思います。1年以内とか8ヶ月、長くても2年で異動するのです。ヴィトンではいつも早いわけではありません。私は実はそれを有り難く思っています。その方が自分の役割について多く学べると思うからです。私は11年、店舗で過ごしてリテールの経験を積み、自分は幸運だったと思っています。今はマーチャンダイジングでたくさんのいろいろなチームと仕事をしてコーポレートでの経験も持っています。
今の仕事はとてもユニークで多様な役割を持っていて、それが私をいろいろなところに連れて行ってくれるような気がしています。次のステップがどうなるのか分かりませんが、今までに経験してきたのと同じぐらいエキサイティングなものになるだろうと信じています。

マーチャンダイジングマネージャー、レベッカ

I feel as though all these experiences have really made me who I am. They’ve built on each other.

***

My name is Rebecca.
I started my career 15 years ago in Columbus, Ohio. I started out as a client advisor for the store there part-time.
I was kind of the weekend closer person because I was in school for full-time during the week. It was a great experience because when I was there, I had all those moments of high traffic clienteling coming in. I was able to build a lot of strong relationships. I think that’s when I first realized what luxury was.
From Colombus, I’ve held a few different roles. I think my next major city I went to was Chicago. Then a few years after Chicago, I made my way up to New York.
When I moved to New York for Vuitton, I actually came in as a Team Universe Manager for a men’s store. I opened the first men’s store we had here in North America. That was amazing.
I think always when I do mobility and I changed roles that the first three months are a little challenging. It’s very exciting as much as it can be a bit uncomfortable to start over or to move to a city. For example, when I moved to Chicago, I knew no one. I just picked up and moved from Ohio to Chicago for this new experience. Not only was I learning the ins and outs of a new store, a new team, but then I was also really learning my new life. I feel now as change comes, whether it’s within my personal or my professional life, I’m usually pretty receptive.
I managed a project that we worked on the collaboration with Supreme. From a merchandising standpoint, I was the lead of the project.
We were quite transparent on things. Because we did this collaboration with an outside streetwear brand, we had to be more agile. Everything was a bit top secret until the last moment. It made it very, very fun. It was definitely something that I will never forget.
I’ve really tried to work hard on taking advantage of every moment, not only whether it’s having fun in a team building situation, or staying very late nights in a buying session while we’re in Paris, or working with a VIC client. I feel as though all these experiences have really made me who I am. They’ve built on each other.
I think sometimes when we think about mobility, and when we hear about mobility with outside companies, it’s very fast moving. Mobility happens in these companies within a year, within eight months, within two years maximum. That’s not always the case in Vuitton. I actually appreciate that because I think we get to learn our roles much better. I feel very lucky because I have retail experience for 11 years I was in store. Now, I’ve also had corporate experience through merchandising, where I get to work with many different teams.
It’s a very unique and diverse role that I’m now in that I feel as though it could take me anywhere. I can’t say what my next step will be, but I’m sure it will be equally as exciting to what I’ve experienced so far.

Rebecca, Merchandising Manager

自動車エンジニアからラグジュアリーのマーケティングへ

自動車エンジニアからラグジュアリーのマーケティングへ

4:10

自動車産業にいた私が、やがてルイ・ヴィトンのマーケティングに勤務することになるだろうと誰かに言われたとしたら、絶対に信じなかったでしょう。

***

ファビアンといいます。2006年にルイ・ヴィトンへ入社しました。中途入社して12年。その直前まで自動車業界で働いていました。
生産計画に携わっていました。そしてアトリエの生産計画の効率性を高め、メイド・イン・フランスを永続させることをミッションに、ルイ・ヴィトンに採用されました。こうして継続的な向上を図るメソッドエンジニアとしてのキャリアがスタートしました。
そのポジションにいたのは2年半。その後、海外に赴任してルイ・ヴィトンのアトリエ勤務のチャンスを得ました。
メソッドエンジニアとして海外勤務3年の経験を積んだ目的は、マネージメントで活躍することでした。アトリエでは早いタイミングで生産チームの責任者へキャリアアップすることができます。25,26歳と若い間は自分がマネージャーに向いているかどうかを自分で判断することは難しいです。それがすぐに35から40人のチームを管理するという重責を担うことになったのです。周りは30年のベテランといった経験豊かなレザー職人ばかり。ある意味、素晴らしい実績を持つ人たちばかりのチームに加わるわけですから、信頼される人間でなければなりません。能力さえあればすぐにマネージメントのキャリアをスタートできる。そういった意味でも、ルイ・ヴィトンのアトリエは、人間力が試される場であるとも言えます。
ルイ・ヴィトンに入社してすぐに赴任したアトリエは、フランスのクラフツマンシップを支援するアトリエでしたが、そこで初めてサヴォアフェールと出会い、ルイ・ヴィトンの製品に恋をしました。そして製品にずっとかかわる仕事がしたいと思ったのです。アトリエで、しばらくチームリーダーを務めた後、製品開発に異動することにしました。

製品開発はマーケティング、デザイン、流通から製造、素材開発までの産業全体をまとめるオーケストラの指揮者のようなものです。興味深いことに、メソッドエンジニアを務めた経験があったおかげで、私にはアトリエを改善する方法が分かりました。チームリーダーとしての経験上、製造工程を深く理解したいと考えたのです。サン・ドナのアトリエで3年間この職務を続けた理由はそこにもありました。

奇しくも、ルイ・ヴィトンへ入社した初日、入社式で訪れたのがサン・ドナで、アトリエはまだ営業していました。
自分が入社初日を過ごしたこの由緒あるアトリエに戻ってきたとき、ここへ戻ってこれたこと、ここを改装し、アトリエがその営みを継続する手助けができることに身震いを覚えました。現在増築中のため、このストーリーは今もまだ進行中です。サン・ドナでの二度目の「初日」は、非常に印象深く、感動深いものでした。

キャリア全体を通じ、これまでの経験を振り返るよう心がけていました。常に考えていたのは、次に何が起こるかわかれば、対処の仕方がわかるということです。これまでも3回成功したので、4回目も成功しないはずはない。とはいえ総合的なメカエンジニアという私のバックグラウンドから、ルイ・ヴィトンのマーケティングへ移るのは大きなチャレンジでした。いずれにしても会社は私を信頼し、製品開発の主任として3年の経験を経て、メンズ レザー製品の主任としての仕事を任せてくれたのです。

***
モチベーションが高いこと、そしてその職務が自分にふさわしいことを証明できるならば、まったく違うキャリアへと移行し、やりたいことができる。ルイ・ヴィトンでは、それはけっして絵空事ではありません。

ファビアン、シニアプロダクトマネージャー

Si un jour, on m’avait dit quand j’étais dans l’automobile, que j’allais être au marketing chez Louis Vuitton, je n’y aurais jamais cru, c’est vrai.

***

Je m’appelle Fabien. Je suis rentré en 2006 chez Louis Vuitton. Ça fait douze ans que je suis dans la Maison. Ce n’était pas ma première expérience. Je travaillais dans l’automobile juste avant.
J’étais dans tout ce qui était organisationnel de production. Et donc, j’ai été recruté chez Louis Vuitton pour travailler sur une organisation plus efficace en atelier pour permettre que le made in France perdure pendant longtemps. Donc, j’ai démarré dans mon premier métier en tant qu’Ingénieur Méthodes : ingénieur, amélioration continue.
Je suis resté deux ans et demi à ce poste-là. Ensuite, j’ai eu l’opportunité de pouvoir partir à l’étranger pour continuer à travailler au sein d’ateliers.
Après ces trois années entre le métier d’ingénieur méthodes et la petite période passée à l’étranger, le but pour un jeune embauché est de pouvoir vite se confronter au management. Donc, dans les ateliers, on peut passer très rapidement responsable d’équipe de production, ce que moi je voulais, parce qu’on ne sait pas si on est fait pour être manager ou pas quand on est jeune, quand on a 25 ans ou 26 ans, et là, très rapidement, on se confronte au métier de management avec une équipe de 35 personnes ou 40 personnes qui est une équipe de maroquiniers, qui est peut-être là depuis trente ans, qui a une expérience très grande, qui a vécu de nombreux managers, de nombreux changements d’organisation. Donc, on arrive dans une équipe qui a un lourd passif, des gens extraordinaires qui ont une expérience de fou. Et là, on doit être crédible, et c’est un vrai test en atelier chez Louis Vuitton de pouvoir se confronter au management très rapidement.
Quand je suis arrivé chez Louis Vuitton, j’étais venu pour travailler au sein d’un atelier qui fabrique en France, qui investit sur le milieu ouvrier français, mais j’ai découvert un savoir-faire que je ne connaissais pas du tout et je suis tombé un peu amoureux du produit. J’ai décidé de me spécialiser dans le produit. Et c’est en ça qu’après le métier de chef d’équipe, j’ai décidé de partir au Développement Produit.

Le Développement Produit, c’est un peu le chef d’orchestre entre le Marketing, le Design et tout le milieu industriel, qu’il soit de la Logistique à la Production, au Développement Matières. Le point intéressant, c’était que j’avais fait ingénieur méthodes pour comprendre comment améliorer l’atelier. Ensuite, j’ai fait chef d’équipe. Je voulais comprendre pourquoi ces produits arrivaient de telle manière dans mon atelier. Donc j’ai fait ce métier pendant trois ans au sein de cet Atelier de Saint-Donat.

Le plus fort, c’est que le premier jour que j’ai passé chez Louis Vuitton, je suis arrivé à Saint-Donat, l’atelier était encore ouvert, c’est mon premier jour d’intégration.
Quand j’ai remis les pieds dans cet atelier historique, j’ai eu un peu les frissons de pouvoir revenir dans cet atelier, tout rénover et participer à continuer l’aventure de cet atelier qui continue aujourd’hui parce qu’on est en train de l’agrandir. Mon deuxième premier jour à Saint-Donat était encore plus fort que le premier jour. C’était hyper touchant.

Dans toute ma carrière, j’ai voulu comprendre ce qui se passait avant moi. Je me suis toujours dit : si je sais ce qui se passe après, je ferai mieux. Donc ça a marché trois fois, pourquoi pas une quatrième qui était quand même un challenge, vu mon background d’ingénieur généraliste mécanicien, de pouvoir aller au Marketing chez Louis Vuitton. En tout cas, la Maison m’a fait confiance et m’a permis de prendre ce métier de Chef de Produit Maroquinerie Homme après trois ans de Chef de Projet Développement.

***

Ce n’est pas un mythe chez Louis Vuitton qu’on peut changer de métier du tout au tout, et pouvoir faire ce dont on a envie, si on montre qu’on est motivé et qu’on est concerné par le métier.

Fabien, Senior Product Manager

製品開発からリテールへ

製品開発からリテールへ

2:35

地理的な移動にしても、職務上の異動にしても、モビリティが可能であることを私自身が証明しています。
***

ギヨーム、37歳。10年前からルイ・ヴィトンに勤務しています。現在「リテールサポート」チームに所属しています。経験としては、若い頃8年間アメリカで育ち、それがキャリアの指針になっています。
産業工学エンジニアの教育を受け、自動車産業でキャリアをスタートしました。生産現場で4年間を過ごし、その後パリに戻り、戦略コンサルタントを務めました。そして2008年、ルイ・ヴィトンの製品開発に入社。製品開発では複数のポストを経験しました。妻とアメリカで仕事をするというプランを立て、いち早く妻が自身の職場でそのチャンスに恵まれました。私もアメリカで働きたいと上司に伝えたところ、リテールを知り、リテールに分析的側面やエンジニアリングのビジョンをもたらす素晴らしい機会になるかもしれないという話になり、シカゴストアのオペレーションマネージャーとしてのキャリアをスタートさせることになりました。そこで3年間勤務しました。
店舗に勤務し始めた頃、自分の開発した製品がちょうど店舗に並ぶタイミングでした。ある時、お客様からサインを求められたのをよく覚えています。私が開発に携わったバッグをお持ちで、その中に私のサイン入りの名刺を入れたいとのことでした。お客様にとって、私はそのバッグのマーク・ジェイコブスだったのです。私は単に製品開発部門を担当し、夢を実現しただけだと説明しました。しかしお客様にとっては意味のあることだったのでしょう。名刺にサインを求められました。
その後、店舗の責任者としてシカゴを担当し、再び3年間リテールのビジョンを360°経験する機会に恵まれました。ブラジルでの任務も経験しました。結果的に、ルイ・ヴィトンでのキャリアパスの中で、3ヵ国で働く機会を得ました。今はパリに戻り、本社のポジションに就いています。
最も誇らしい点は、店舗の責任者としてチームを成長させ、ビジネスを発展させたことだと思います。赴任先の店舗は急成長を遂げ、多くの人材を採用しました。会社のために、ものすごく貢献できるという自負がありました。私自身も成長でき、とても素晴らしい体験だったと思います。
ルイ・ヴィトンは、チャンスを掴もうとする意欲さえあれば、すべてを可能にする、成功のために必要な機会を与えてくれるメゾンです。

ギヨーム、リテールサポートマネージャー

Je suis la preuve de la possibilité de faire des mobilités, que ça soit des mobilités géographiques ou des mobilités fonctionnelles.

***

Je m’appelle Guillaume, j’ai 37 ans et je travaille chez Louis Vuitton depuis dix ans. Je suis aujourd’hui dans l’équipe « Retail Support ». Au niveau de mon expérience, j’ai grandi pendant huit ans aux États-Unis pendant mes études quand j’étais jeune, et ça sera un peu un fil conducteur tout au long de ma carrière.
J’ai une formation d’ingénieur, ingénieur en génie industriel. J’ai commencé ma carrière dans l’industrie automobile. J’ai passé quatre ans en site de production. Je suis revenu sur Paris, j’ai fait du conseil en stratégie. Et en 2008, j’ai rejoint Louis Vuitton au sein du Développement Produit. J’ai eu différents postes au sein du Développement Produit. J’avais un projet de famille avec mon épouse pour partir aux États-Unis, et elle a eu une opportunité de son côté. Quand j’en ai parlé avec Louis Vuitton, on s’est dit que c’était une super occasion pour moi d’aller découvrir le Retail et d’apporter le côté analytique, une vision un peu ingénieur justement dans le Retail. Donc j’ai commencé comme Operations Manager au magasin de Chicago. J’ai passé trois ans dans cette fonction.
Quand je suis arrivé, les produits que j’avais développés étaient en train d’arriver en magasin. Et je me rappelle, j’ai eu un client une fois qui a voulu que je signe une carte de visite pour la mettre dans son sac, parce que c’était un des sacs que j’avais participé à développer. Et pour lui, j’étais le Marc Jacobs du sac. Je lui ai dit non, je m’occupais juste de la partie développement du produit, transformer le rêve en réalité. Mais pour lui, c’était important. Il avait voulu que je signe sa carte.
Et ensuite, j’ai eu l’opportunité de prendre un magasin de Chicago en tant que Responsable Magasin, et vraiment d’avoir une vision Retail 360 pendant trois ans à nouveau. J’ai aussi fait une mission au Brésil. Donc, pour Louis Vuitton, j’ai travaillé dans trois pays différents. Et plus récemment, je suis revenu sur Paris et dans une fonction Siège.
Certainement le point dont je suis le plus fier, ça a été le poste que j’ai eu comme Responsable Magasin, qui m’a donné l’opportunité de développer mes équipes, de développer le business. On avait une très forte croissance, on a recruté énormément. Et vraiment, ça donne un sentiment de construire quelque chose de fort. Et moi-même de mon côté, ça m’a permis aussi de me développer, et j’ai trouvé cette expérience vraiment unique et très enrichissante.
Louis Vuitton, c’est une Maison dans laquelle, à partir du moment où on a l’envie, ils nous donneront les moyens de réussir et de faire en sorte que tout soit possible.

Guillaume, Retail Support Manager

アーロン、店舗マネージメントからリテールトレーニングへ

アーロン、店舗マネージメントからリテールトレーニングへ

実際のパフォーマンス実績があれば、もっと勉強したい、もっと向上したいという意欲に燃えているならば、あなたは手を上げるべきです。私はこれを真面目に受け取り、「この人は私に向かって言っているんだ。」と思いました。
***
私はアーロンと言います。
私は、2010年11月、感謝祭の1週間前に、ワシントン州シアトルのブラヴァーン店で店舗マネージャーとして、ルイ・ヴィトンでキャリアをスタートさせました。
私は7人という少人数の仲のいいチームの一人で、本当にルイ・ヴィトンについて詳しく学ぶのを楽しみました。そこで初めて働き始めた時は、なんだか魔法のようなものを感じましたが、その最初の3年でたくさんの経験を積みました。
2013年に営業会議があり、そのジェネラルセッションで、店舗マネージャーの一人が立ち上がって異動について質問したのを覚えています。バーク氏は「自分の成長や自分の可能性を広げるために、友達や家族から離れて遠くへ転勤しなければならないときに、みなさんが時々口にすることは耳に入っています。(・・・)実際のパフォーマンス実績があれば、もっと勉強したい、もっと向上したいという意欲に燃えているならば、あなたは手を上げるべきです。」と言いました。私はそれを真面目に受け取り、「この人は私に向かって言っているんだ。」と思いました。私は家に帰り、立候補しました。それから面談や面接がいくつかあり、レザーグッズとアクセサリーのチームマネージャーとしてサンフランシスコのポストに就きました。
私はサンフランシスコに2年ぐらいいて、店舗から離れる機会を得ました。私は、店舗マネージャーとして毎日トレーニングやコーチングをしていていつもそう感じていたのですが、フルタイムでリテールラーニングマネージャーの仕事にそのエネルギーを集中させたら面白いだろうと思ったのです。そこでオーディションを受けてこの仕事に就き、今度はロサンゼルスに引っ越してきました。この調子で南に異動を続ければ、メキシコに引越しさらに南に行くだろう、と冗談を言っています。私はロサンゼルスが気に入っており、2015年からロサンゼルスを拠点にして西海岸のレテールラーニングマネージャーをしています。
店舗は感動的で目まぐるしく熱狂的な場所で、お客様と直に接触しながら店舗のチームとそこでビジネスを理解できたことは、リテールラーニングマネージャーになったときに素晴らしい洞察力を授けてくれました。トレーニングは実際に即しているか?これは役立つか?これはどう変わっていくだろうか?などです。
いろいろなことが起こり、ときには修正したり、本当に学べるように違う方法に変更しなければならないこともあります。
トレーニングにはたくさんの魔法があり、お世辞で興奮状態になることもありますが冷めていきます。
潜在能力を解き放つのを助けることが大好きで、アイデアが沸いて、人々がどう成長するのか分かるときが大好きです。
シニア・リテール・ラーニング・マネージャー、アーロン

If you have a track record of proven performance, if you’re hungry to learn and to improve, then you should raise your hand. I took that seriously and I thought “I think he’s talking to me”.
***
My name is Aaron.
I started my career at Louis Vuitton in November of 2010, so a week before Thanksgiving, as the store manager for the shops at the Bravern in Seattle, Washington.
It was a smaller intimate team, I was one of seven and really, really enjoyed delving into Louis Vuitton. It’s something the magic that you feel when you first start working there but I got to experience a lot in those first three years.
I remember we had a sales meeting in San Francisco in 2013, and we had a general session, and one of the store managers stood up and ask about mobility. Mr. Burke said, “I hear what you’re saying sometimes you will have to move away from your friends and your family to grow yourself and stretch yourself. (…) If you have a track record of proven performance, if you’re hungry to learn and to improve, then you should raise your hand.” I took that seriously and I thought “I think he’s talking to me”. I went home, and I raise my hand and through conversations and some interviewing I took a position in San Francisco as the team manager for leather goods and accessories.
I was in San Francisco for about two years, and then I had an opportunity to come to the corporate side. I always felt that as a store manager we train and we coach on the daily basis, but I thought it would be interesting to focus that energy full time as a retail learning manager, so I audition for the position and I got the job and I moved again to Los Angeles. I keep making jokes at this rate I’m going to – if I keep moving south I’m going to be in Mexico, I’m going to keep moving further down. I’m very happy in LA and so I’ve been the retail learning manager in base out of LA for the west coast since 2015.
The stores are such a vibrant fast fanatic places and to understand the business right there in the frontlines with our clients, with our store teams gave me tremendous insight when it comes to being a retail learning manager. Is the training relevant? Will this work? How will this scale?
Things happen, and sometimes I have to correct or pivot it different way to make sure that the learning is really happening.
There’s a lot of magic when it comes to training, there’s that sugar high that you get, and it will wear off.
I love unlocking potential through facilitation, I love it when the light bulbs go on and people see how they can go further with something.
Aaron, Senior Retail Learning Manager

イアン -  クライアントアドバイザーからクライアント・デベロップメント・マネージャーへ

イアン - クライアントアドバイザーからクライアント・デベロップメント・マネージャーへ

こうした経験のすべてが本当に現在の私自身を作り上げたと感じています。仕事と私は互いの上に成り立っているのです。

***

私はレベッカです。
私はオハイオ州のコロンバスで15年前にキャリアをスタートしました。最初はコロンバス店のパートタイムのクライアント・アドバイザーでした。
私は平日はフルタイムで学生をしていましたから、週末の助っ人のようなもので、とても良い経験になりました。というのはその頃は、情報を駆使したクライエンテリングが導入されており、それをずっと経験できたからです。私はたくさんの緊密な関係を築くことができました。そこで私は初めてラグジュアリーとは何なのか気がついたのだと思います。
コロンバス以来、私はいくつかの異なる役割を経験しました。私が次に転勤になった町はシカゴだったと思います。シカゴに転勤した2-3年後に今度はニューヨークに転勤しました。
私がニューヨークのヴィトンに移ったのは、実はメンズストアのチーム・ユニバース・マネージャーとしてでした。私はここ北アメリカのメンズストア1号店をオープンしたのです。それは素晴らしい経験でした。
異動したときや職務が変わった時、最初の3ヶ月は少し大変ですがやり甲斐があるといつも思います。
再出発や新しい町への異動はとてもドキドキすると同時に少し不安なものです。例えば、私がシカゴに引っ越したときは、知り合いは誰もいませんでした。私はただ機会を掴んでこの新しい体験のためにオハイオからシカゴに引っ越したのです。私は新しいストアの内実と表面を学ぶだけでなく、新しい生活についても学びました。私は今では、プライベートでも仕事でも変化に対して、大抵の場合、とても順応性があります。
シュプリームとのコラボレーションで行ったプロジェクトのマネージメントをしました。マーチャンダイジングの立場から、私はそのプロジェクトの指揮をとりました。
私たちは物事に対してとても透明でした。外部のストリートウェアブランドとのコラボレーションだったため、私たちは素早く行動する必要がありました。すべてが最後の瞬間までちょっとした極秘事項でした。それでとても楽しい経験になりました。絶対に一生忘れない経験だと思います。
チーム構築の場面を楽しんだり、パリでの購買セッションで夜遅くまで働いたり、VICのお客様と仕事をしたりというだけではなく、あらゆる瞬間を活用して私は、本当に一生懸命働こうとしました。私は、こういう経験のすべてが本当に今の私自身を作り上げたかのように感じます。経験と私は互いの上に成り立っているのです。
他の会社での異動について話を聞いて異動について考えるとき、異動がとても早いと時々思います。1年以内とか8ヶ月、長くても2年で異動するのです。ヴィトンではいつも早いわけではありません。私は実はそれを有り難く思っています。その方が自分の役割について多く学べると思うからです。私は11年、店舗で過ごしてリテールの経験を積み、自分は幸運だったと思っています。今はマーチャンダイジングでたくさんのいろいろなチームと仕事をしてコーポレートでの経験も持っています。
今の仕事はとてもユニークで多様な役割を持っていて、それが私をいろいろなところに連れて行ってくれるような気がしています。次のステップがどうなるのか分かりませんが、今までに経験してきたのと同じぐらいエキサイティングなものになるだろうと信じています。

マーチャンダイジングマネージャー、レベッカ

I feel as though all these experiences have really made me who I am. They’ve built on each other.

***

My name is Rebecca.
I started my career 15 years ago in Columbus, Ohio. I started out as a client advisor for the store there part-time.
I was kind of the weekend closer person because I was in school for full-time during the week. It was a great experience because when I was there, I had all those moments of high traffic clienteling coming in. I was able to build a lot of strong relationships. I think that’s when I first realized what luxury was.
From Colombus, I’ve held a few different roles. I think my next major city I went to was Chicago. Then a few years after Chicago, I made my way up to New York.
When I moved to New York for Vuitton, I actually came in as a Team Universe Manager for a men’s store. I opened the first men’s store we had here in North America. That was amazing.
I think always when I do mobility and I changed roles that the first three months are a little challenging. It’s very exciting as much as it can be a bit uncomfortable to start over or to move to a city. For example, when I moved to Chicago, I knew no one. I just picked up and moved from Ohio to Chicago for this new experience. Not only was I learning the ins and outs of a new store, a new team, but then I was also really learning my new life. I feel now as change comes, whether it’s within my personal or my professional life, I’m usually pretty receptive.
I managed a project that we worked on the collaboration with Supreme. From a merchandising standpoint, I was the lead of the project.
We were quite transparent on things. Because we did this collaboration with an outside streetwear brand, we had to be more agile. Everything was a bit top secret until the last moment. It made it very, very fun. It was definitely something that I will never forget.
I’ve really tried to work hard on taking advantage of every moment, not only whether it’s having fun in a team building situation, or staying very late nights in a buying session while we’re in Paris, or working with a VIC client. I feel as though all these experiences have really made me who I am. They’ve built on each other.
I think sometimes when we think about mobility, and when we hear about mobility with outside companies, it’s very fast moving. Mobility happens in these companies within a year, within eight months, within two years maximum. That’s not always the case in Vuitton. I actually appreciate that because I think we get to learn our roles much better. I feel very lucky because I have retail experience for 11 years I was in store. Now, I’ve also had corporate experience through merchandising, where I get to work with many different teams.
It’s a very unique and diverse role that I’m now in that I feel as though it could take me anywhere. I can’t say what my next step will be, but I’m sure it will be equally as exciting to what I’ve experienced so far.

Rebecca, Merchandising Manager

別の国へ

ルイ・ヴィトンは一つですが、旅先は60ヵ国以上もあります。アトリエ、ストア、倉庫… どの分野でも、世界中であなたの才能を発揮することが可能です。

ロンドンから東京へ

ロンドンから東京へ

4:48

15年近くメゾンに勤務しているという実感はありません。「不可能だ」と思うことは皆無です。

***

伊藤 麻由子です。現在はマーチャンダイジング&ビジュアルマーチャンダイジング ヴァイスプレジデントとして、2つの部門を担当しています。マーチャンダイジングは製品ライフサイクルの第一段階からすべてが始まります。パリのショールームで製品と対面し、そこから製品供給と戦略面において日本の市場に最も相応しいものを検討します。もちろん総合的な方針やルイ・ヴィトンが追求する目標は送られてきますが、それにフィルターをかけたり吸収したりしつつ、私たちが担当する地域に及ぼす影響を考慮するよう努めています。そしてパリで買い付けた製品と数量を決定した後、日本へ戻ります。そこでビジュアルマーチャンダイジングチームとも協力し、店舗展開に関する作業を進めます。

私は、2003年にロンドンのニュー・ボンド・ストリート ストアでキャリアをスタートしました。
ウォッチ&ジュエリー、ビジュアルマーチャンダイジング、アフターセールスサービス、レザーグッズと、数々のチームで働く幸運に恵まれました。 とても充実したチャレンジであると同時に、ルイ・ヴィトンでのキャリアの基盤を築くことができました。

ニュー・ボンド・ストリートストアで約6ヵ月間勤務した後、イギリス、スカンジナビアおよびアイルランド地域のプロダクトマーチャンダイジング責任者としてロンドン本社に赴任。一年後パリ本社と欧州地域で多彩な経験を積みました。まずプレタポルテチーム、その後ファッションアクセサリーチーム。そこではマーチャンダイジングや当時はまだ存在していなかったアクセサリーの開発に携わり、それからレザーグッズへ移りました。日本人でありながら一度も日本で生活したことがないという事実について考え始めたのもこの時期です。個人的な理由から、家族のもとで暮らしたいと思っていました。

そう思っていたところに、LVMHグループとルイ・ヴィトンが夢のような異動のチャンスを提案してくれました。レザーグッズマーチャンダイジング責任者としてルイ・ヴィトン ジャパンに異動することが決まったのです。
その後もグループ内ですが、今度は香港のフェンディに勤務する機会を得ました。一年後東京へ戻り、LVMH外部のブランドに入社。

二年半前、日本のマーチャンダイジング
ヴァイスプレジデントに就任するという素晴らしい幸運に恵まれました。オファーをいただいた時はとてもうれしかったです。あらゆる製品カテゴリーでそれまで積んできた経験をすべて生かせるポジションだからです。こうして東京のルイ・ヴィトンへ戻ってきました。

ルイ・ヴィトンの刺激的なところは、物事が決して止まらないこと。15年近くもルイ・ヴィトンに勤務しているという実感はありません。理由として考えられるのは、変化の訪れるテンポが速く、活動が広範囲に渡るため、常に挑むべきチャレンジが数多く生じるからでしょう。実際、立ち止まることはありません。
あらゆる角度から物事が見れるため、「不可能だ」と思ったことはありません。ルイ・ヴィトンに入社した時点で、決まったキャリアプランというものは存在しません。B、C、Dの階段を上るには、Aという地点からスタートする。次に起こる事によって、この後は変化する。こうして職歴が形作られます。

同じ企業に10年以上勤めていれば、当然緊密な共同作業が行われます。パリのショールームでは、例えばバイイングの際、朝8時から夜中の12時まで共に過ごすこともあります。心身ともに消耗しますが、帰り際に挨拶を交わすと、プロフェッショナルな関係だけでなく友情を紡いだと実感できます。ルイ・ヴィトンやマーチャンダイジング以外の人たちとも信頼関係を築いたり、温かく交流できるのです。

真祐子、マーチャンダイジング ヴァイスプレジデント、ルイ·ヴィトン ジャパン

Je n’ai jamais l’impression d’être dans cette Maison depuis près de quinze ans. Il ne m’arrive jamais de penser « c’est impossible ».

***

Je m’appelle Mayuko. Je suis actuellement vice-présidente du Merchandising et du Merchandising visuel. Autrement dit, je m’occupe de deux départements : Pour le merchandising, tout commence dès la première phase du cycle de vie des produits. Nous les découvrons dans le showroom de Paris, puis nous travaillons sur ce qui fonctionne le mieux pour le Japon en termes d’offre de produits et de stratégies. Bien sûr, nous recevons l’orientation générale et les objectifs poursuivis par la marque, mais nous essayons ensuite de filtrer et de digérer les choses afin de savoir ce que ça implique pour notre zone. Enfin, après les achats et les assortiments faits à Paris, nous rentrons au Japon où nous collaborons également avec l’équipe du Merchandising visuel pour travailler sur le déploiement en boutique.

J’ai débuté ma carrière en 2003 dans le magasin de New Bond Street à Londres.
J’ai eu l’immense chance de travailler au sein de plusieurs équipes : Horlogerie et Joaillerie, Merchandising visuel, service après-vente et articles de maroquinerie. C’était un défi extrêmement gratifiant qui a réellement servi de base à ma carrière chez Louis Vuitton.

Mon parcours a été très fluide, mais riche et vraiment diversifié. Après avoir passé environ six mois dans le magasin de New Bond Street, j’ai rejoint le siège social de Londres, où je m’occupais du Royaume-Uni, de la Scandinavie et de l’Irlande pour le responsable régional du Merchandising produit. Au bout d’un an, je suis partie travailler au siège de Paris et dans la zone Europe où j’ai accumulé de nombreuses expériences différentes : d’abord au sein de l’équipe Prêt-à-porter, puis de l’équipe Accessoires, où nous avons développé du Merchandising et des accessoires qui n’existaient pas encore, puis je suis passée aux articles de maroquinerie. C’est aussi à cette époque que j’ai commencé à réfléchir au fait que j’étais une Japonaise qui n’avait encore jamais vécu au Japon. Pour des raisons personnelles, j’avais envie de me rapprocher de ma famille.

Le plus incroyable, c’est évidemment que LVMH et Louis Vuitton offrent de fabuleuses opportunités de mobilité. C’est ainsi que j’ai pu rejoindre Louis Vuitton Japon en tant que responsable du Merchandising maroquinerie.
Ensuite, j’ai eu la possibilité de continuer à travailler au sein du Groupe, mais cette fois pour FENDI à Hong Kong. Puis je suis revenue à Tokyo un an après pour rejoindre une marque extérieure à LVMH.

Il y a deux ans et demi, j’ai eu la formidable opportunité de devenir vice-présidente du Merchandising au Japon, un poste que j’ai accepté avec joie, car il me permet réellement d’exploiter toutes les expériences que j’ai accumulées jusqu’alors dans toutes les catégories de produits. Voilà comment je suis revenue chez Louis Vuitton à Tokyo.

Ce qu’il y a d’excitant pour moi chez Louis Vuitton, c’est que les choses ne s’arrêtent jamais. Je n’ai jamais l’impression d’être dans cette Maison depuis près de quinze ans. C’est sans doute à cause des nombreux changements qui s’opèrent et de toutes les choses différentes que nous faisons, car il y a toujours de nouveaux défis à relever. En fait, on ne s’arrête jamais.

Il ne m’arrive jamais de penser « c’est impossible », parce qu’il y a toujours une façon différente de voir les choses. Il n’y a pas de plan de carrière défini selon lequel une fois que vous avez rejoint la Maison, il faudrait démarrer au point A avant de gravir les échelons B, C et D. En fait, tout dépend de ce qui ce qui arrive ensuite : c’est ce qui détermine votre parcours de carrière.

Évidemment, quand on passe plus de dix ans dans une entreprise, on travaille en étroite collaboration. Dans les showrooms de Paris, par exemple pendant les séances d’achat, il nous arrive d’être ensemble de 8 heures du matin à minuit. C’est épuisant mentalement et physiquement. Et quand il faut repartir et se dire au revoir, vous avez non seulement tissé de solides relations professionnelles, mais aussi de vraies amitiés : beaucoup de confiance et de contacts, même avec des gens extérieurs à Louis Vuitton et au Merchandising.

Mayuko, vice-présidente du Merchandising, Louis Vuitton Japon

音声によるマリーの体験談を表示する画像

香港からパリへ

3:36

「夢があり、求めているものが明確で、決断力があり、勤勉であるならば、叶えられない夢はないと思います。」

***

マリー、香港出身です。ルイ・ヴィトンに入社したのは昨年、LVMHには約11年前から勤務しています。

香港のLVMHアジア本社で人事のインターンとしてキャリアをスタートしました。その後香港のオフィスでトレーニングを担当。
6年間勤務した後、LVMHのウォッチ&ファインジュエリー部門へ異動し、時計とファインジュエリーを担当する機会に恵まれました。この時期、私の主な役割は人材の採用とトレーニングでした。

LVMHのウォッチ&ファインジュエリー部門に勤務した後、夫と生活するために一時期職を離れました。夫はフランス人なので、こちらで一緒に暮らすためと、集中的にフランス語を学習するためでした。語学習得に4ヵ月間アリアンス・フランセーズに通いました。授業は一日に5、6時間の集中講座。この経験を経て、ヴァンドーム広場のフレッドでクライアントアドバイザーとして働く機会に恵まれました。ラぺ通りやパンテオンのブティックにも勤務して、さらに経験を積むことができました。これら3つの店舗で、お客様との関係を築きながら、文化や言語を習得しました。とても有意義な機会だったと思います。

その後、トレーニングの責任者として香港での短期任務を承諾しました。
チームに、自らの経験や知識を伝え、実践してきたことを共有できることに大きな喜びを感じました。

その後、私自身がトレーニングに深い関心があると気づいたのです。個人的に売り上げを作るのではなく、共に学び、皆をサポートすることにパッションを感じています。そして一年前パリに戻り、ウォッチ&ファインジュエリー、インターナショナル・リテールのトレーニング責任者のポジションに就きました。

さまざまな国籍の人々と、同じトレーニングセッションで出逢う機会に恵まれました。日本人、中国人、香港人、英国人、フランス人、イタリア人、アメリカ人。異なる文化を持ち、それぞれ非常にバラエティに富んだ個性の持ち主。
よく言われるのは、「ここまで来るのに、ものすごい苦労があったのでしょうね。クライアントアドバイザーとして入社して、その後突然パリ本社に異動できるなんて、信じられない。」 その際こう答えます:「夢があり、求めているものが明確で、決断力があり、勤勉であるならば、叶えられない夢はないと思います。」

***

将来的には、LVMHグループまたはルイ・ヴィトンでの新たなチャレンジを模索したいと思います。非常に魅力的なラグジュアリーグループなので。ナンバー1になるために絶えず向上する。No.1であり続けられるのは、最高を目指して努力するからです。LVMHおよびルイ・ヴィトンの一員であることを誇りに思います。

マリー、ルイ・ヴィトン社にてウォッチ&ファインジュエリー、コネクテッドオブジェ国際リテールトレーニング責任者

« Si vous avez un rêve, si vous savez ce que vous cherchez, si vous êtes déterminé, si vous travaillez dur, je pense que vous aussi vous pouvez y arriver. »

***

Je m’appelle Mary, je suis originaire de Hong Kong. Je suis arrivée chez Louis Vuitton l’an dernier et je travaille pour le Groupe LVMH depuis près de 11 ans.

J’ai débuté ma carrière en tant que stagiaire RH au siège de LVMH Asie à Hong Kong, puis je me suis occupée de la formation au siège hongkongais.

Après y avoir travaillé pendant six ans, j’ai eu l’opportunité de passer à la division Montres et Joaillerie de LVMH et de m’occuper des marques de montres et de joaillerie. Pendant cette période, ma fonction principale était les recrutements RH et la formation.

Après avoir travaillé pour la division Montres et Joaillerie de LVMH, j’ai quitté mon travail pendant un temps pour rejoindre mon mari – mon mari est français – pour le retrouver ici, et aussi pour apprendre le français de manière intensive. J’ai passé quatre mois à l’Alliance française à Paris pour apprendre le français. C’était très intense, les cours duraient quelque chose comme cinq ou six heures par jour. Après cette expérience, j’ai eu la très grande opportunité de travailler pour Fred, Place Vendôme, en tant que Client advisor. J’ai également acquis d’autres expériences en travaillant Rue de la Paix et au Printemps. Dans ces trois boutiques, je pouvais vraiment parler avec nos clients, comprendre la culture, la langue. C’était une opportunité très enrichissante.

Puis, j’ai accepté une mission temporaire à Hong Kong en tant que responsable de formation.
Je faisais de la vente avec l’équipe, je l’inspirais par mon expérience. J’étais si heureuse de pouvoir transmettre mes connaissances et de partager ce que j’avais fait.

Ensuite, je me suis rendue compte que la formation était ma passion. Apprendre est ma passion, aider les autres. Plutôt que de faire quelque chose individuellement. Je suis alors revenue à Paris et, il y a un an, j’ai accepté le poste de responsable de la formation Retail international pour les Montres et la Joaillerie.

J’ai eu la chance de rencontrer dans la même session de formation des personnes originaires de différents pays. Je peux avoir des Japonais, des Chinois, des Hongkongais, des Anglais, des Français, des Italiens, des Américains, un mélange cosmopolite. Ils sont issus de cultures différentes, ils ont des personnalités très différentes.
Ils viennent simplement me voir et me disent, « Je ne peux pas imaginer comment vous faites pour surmonter les difficultés, ni à quel point vous êtes déterminée. Je ne peux pas imaginer que vous puissiez travailler comme Client advisor et puis, tout d’un coup, vous allez au siège à Paris. Et vous êtes asiatique. » Je leur dis simplement : « Si vous avez un rêve, si vous savez ce que vous cherchez, si vous êtes déterminé, si vous travaillez dur, je pense que vous aussi vous pouvez y arriver. »

***

À l’avenir, en ce qui concerne mon évolution professionnelle, je pense que je vais continuer à chercher de nouveaux défis au sein du groupe LVMH ou de Louis Vuitton car c’est un groupe de luxe tellement passionnant. Nous nous améliorons en permanence pour être le numéro un et nous le restons car nous aspirons au meilleur. Je suis fière de faire partie de LVMH et de Louis Vuitton.

 

Mary, Responsable Formation Retail International Montres et Joaillerie, Objets Connectés chez Louis Vuitton

成都からパリへ

成都からパリへ

3:17

私の経歴はまさにルイ・ヴィトンのスピリットそのもの。入社当時は想像すらできなかった魔法のような旅路です。

***

フロラン。国籍は中国です。
約9年前からルイ・ヴィトンに勤務し、現職は入社から数えて6つ目のポストになります。入社以来大きな成長を遂げましたし、常に会社と共に成長しています。退屈したことはありません。
ルイ・ヴィトンでのキャリアをスタートした場所は、中国中部の都市、成都でした。そこではアシスタントストアマネージャーでした。成都の後、中国北部の都市、大連に転勤しました。大連では、大規模店舗でレザーグッズ全般を担当しました。大連に2年いた後、ストアマネージャーとして上海に赴任しました。そこは、いわゆる「グローバルストア」でした。レザーグッズからプレタポルテまで、ルイ・ヴィトンの全カテゴリーを取り扱っている店舗です。
店舗で5年勤務した後、中国本社に異動し、1年半中国全土のスペシャルオーダーとトランク製品のプロジェクトを担当しました。

その後、異動願いを出しました。このビジネスを展開するには本社の方が有利だと分かったからです。当時、クライアンテリングという、ルイ・ヴィトンのVICや、ファッションショー、クルーズ、ハイジュエリー、高級ウォッチのイベントなどのすべてを担当するプライベートリレーションズのポジションが空いていました。「自分にとって、これも一つのチャレンジだ」と思い、このオファーを受けることにしたのです。以来パリ勤務。もうかれこれ2年半になると思います。
パリではあらゆる国籍の人々、世界中のお客様、あらゆる地域のチームを相手に仕事をする必要がありました。
約1年、ここポン・ヌフの「クライアント&ディベロップメント」チームの一員として働きました。その後、エキゾチックレザーやオブジェ・ノマドに焦点を絞ったマーケティングのポストが提案されました。この分野で仕事をするのが夢だったので、すぐにOKしました。

私の経歴はまさにルイ・ヴィトンスピリットそのもの。入社当時には想像すらできなかった魔法のような旅路です。私は根っからの旅人で、社内でも動き回っています。今の仕事でも、さまざまなチームと話し合ったり、お客様をサポートするために、しょっちゅう出張します。本当に素晴らしい旅路です。

フロ-ラン、リテール・マーケティング – エキゾチック&ハードサイド責任者

Mon parcours, ça correspond vraiment au cœur de la société Louis Vuitton. C’est un voyage magique que je n’ai jamais pensé tout au début.

***

Florent. J’ai la nationalité chinoise.
Ça fait à peu près neuf ans que je travaille chez Louis Vuitton, et mon poste actuel, c’est le sixième poste que j’occupe. J’ai beaucoup évolué et j’évolue toujours avec la société, et je ne m’ennuie jamais.
J’ai commencé avec Louis Vuitton dans une ville au milieu de la Chine qui s’appelle Chengdu. J’étais Assistant Store Manager. Après Chengdu, j’étais au nord de la Chine, une ville qui s’appelle Dalian. Je m’occupais de tout ce qui est « leather goods », dans un plus gros magasin. Après deux ans à Dalian, je suis allé à Shanghai pour reprendre un magasin. On les appelle « global stores ». C’est des magasins qui ont toutes les offres de Louis Vuitton, de la maroquinerie jusqu’au prêt-à-porter.
Après ces cinq ans de vie en magasin, je rejoignais le Siège Chine pour prendre un projet de special orders et les rigides pour toute la Chine pendant un an et demi.

Par la suite, j’ai demandé la mobilité. Je vois plus d’opportunités de développer ce business au niveau Siège. En même temps, il y a un poste qui est ouvert, qui est clienteling central pour tout ce qui est private client relations, qui s’occupe de tous les grands clients de la Maison, tout ce qui est fashion show, les Cruise, les high jewellery, high watch events… Je me dis : « Ça, c’est un autre challenge pour moi. » Donc, j’ai accepté l’offre. Je suis à Paris depuis… je pense qu’il y a déjà deux ans et demi.
Quand j’arrive à Paris, je dois travailler avec toutes les nationalités, les clients viennent du monde entier et aussi je dois travailler avec les équipes de toutes les zones.
Donc, j’ai fait à peu près un an au sein de l’équipe « Client & Development », ici à Pont Neuf. Et ensuite, on m’a offert le poste de Writer Marketing focussé sur les rigides de produits exotiques et d’objets nomades. C’était mon rêve de travailler sur ce domaine, du coup, j’ai tout de suite dit oui.

Mon parcours, ça correspond vraiment au cœur de la société Louis Vuitton. C’est un voyage magique que je n’ai jamais pensé tout au début. J’ai un cœur nomade, je me déplace vraiment beaucoup. Et même avec ma fonction actuelle, je voyage beaucoup pour découvrir les différentes équipes, différentes cultures, clients, etc. C’est vraiment un voyage formidable.

Florent, Head of Retail Marketing – Exotics and Hard Sided

パリからミラノ、ニューヨークへ

パリからミラノ、ニューヨークへ

4:54

のんびり引っ越しの荷ほどきに取りかかっていると、電話がかかってきて、こう言われました。「とりあえず箱の荷物はそのままで。じきにまた荷造りが必要になるかもしれないから。ニューヨーク勤務のチャンスに興味ある?」。

***
ジェレミー。34歳。エンジニアの教育を受け、現在はサプライチェーン関係の仕事をしています。2008年にルイ・ヴィトンに入社しました。それよりも前、2005年からインターンとしてルイ・ヴィトンで働いていたので、メゾンとのつきあいはずいぶん長いです。アトリエとの仲立ちの役目をする「フロー・マネジメント」チームのメンバーとして入社しました。
インターン時代からすでに、イタリアの下請け会社と仕事をする機会がありました。インターンシップとしては珍しく出張もしました。それがきっかけで、ルイ・ヴィトンのことをもっと知りたいと思うようになったのです。こうして2008年初めに正社員として入社し、ディストリビューションプランナーのポジションに就きました。店舗の在庫状況と製品のディストリビューションです。

当時イタリアと中東を主に担当していました。南ヨーロッパのプロジェクトに参加する機会に恵まれ、ミラノでプロジェクトを立ち上げたチームに所属しました。オフィスもまだ用意されておらず。仮のオフィスで活動する小さなチームでした。その後、5人、6人、10人、15人へと増え、最終的に50人ほどになりました。驚くべきパワーを持つチームと共に過ごした2年間は私にとって素晴らしい経験でした。
南ヨーロッパでのこの経験が終わり、中東のすべての市場に製品を供給する倉庫をドバイに設立するための特別プロジェクトへ出向しました。これも新たな発見につながりました。ミラノとは大きく異なる環境。結局、ドバイでは6ヵ月過ごしました。
倉庫が整備されると、パリへ戻る選択をしました。サプライチェーン以外のことに挑戦したかったからです。アトリエや、店舗への供給を経験した後、店舗の仕事がどんなものなのかを見たかった。そこでパリ・シャンゼリゼのセールスマネージャーとして勤務することになりました。残念ながら、再度サプライチェーンのニューヨーク勤務を提案されたため長く働くことはできませんでした。
今でもよく覚えています。あれは水曜日。当時店舗に勤務していたので、水曜日が休みでした。のんびり引っ越しの荷ほどきに取りかかっていると、電話がかかってきて、こう言われました。「とりあえず箱の荷物はそのままで。じきにまた荷造りが必要になるかもしれないから。ニューヨーク勤務のチャンスがあるのだけれど。興味はある?」。 当然興味はありました。シャンゼリゼ店での仕事は非常に楽しかったのですが、ニューヨーク勤務には一層強く心を動かされました。こうしてまた荷造りをし、しばらくしてニューヨークへ発つこととなりました。
ニューヨークでは、レザーグッズとアクセサリーのサプライチェーン全般、特に販売予測と流通を担当しました。この仕事には新しい要素もありました。マネジメントです。自分のチームを構築する必要がありましたから。ニューヨークでもまた、とても異なった文化と向き合っていました。予想とはまったく違うものでした。ドバイでは予想がつきましたが、ニューヨークについては皆目見当がつきませんでした。毎日テレビで見たり、いろんな映画でも見ているから、どんなところか分かっていると思いがちですが、実のところ、アメリカの文化はフランスのラテン文化とは大きく異なっています。なので、アメリカで学ばなければならないことはたくさんありました。私は5年にも及んだアメリカでの体験を心から楽しみました。そして1年半前から、パリに戻ってセントラル・サプライチェーンで仕事をしています。現在は流通の責任者です。

ジョブ・モビリティには複数の要因があると思います。第一は、こうしたチャンスに応じる個人的資質です。ロジスティックだけに限っても、それに対処する資質が必要です。また、2、3ヵ月後に地球の裏側に赴任することを覚悟する必要もあります。一番肝心なのは、何より自分がそれを望むこと、そして探究心と適切なものの見方・考え方を持っていること。そして、これらすべての前提になるのは、目の前にこうしたチャンスがあることです。こうしたチャンスについて候補者にしっかり伝えるのが人事部と経営陣の仕事です。少なくとも私の場合はいつも、初めからそれを目指すというのではなく、むしろ、向こうからチャンスが転がってくるという感じでした。私は、チャンスが来るたびに、それに飛びついてきました。

ジェレミー、デマンドサイジング&ディストリビューションマネージャー

J’étais tranquillement en train d’ouvrir les cartons. Je reçois un coup de fil et on me dit : « Ne range pas tout de suite tes cartons, tu auras peut-être besoin de les refaire rapidement parce qu’il y a une opportunité à New York. Est-ce que ça t’intéresse ? »

***

Je m’appelle Jeremy. J’ai 34 ans. Je suis ingénieur de formation et je travaille aujourd’hui en supply chain. Je suis chez Louis Vuitton depuis 2008. En fait, j’ai commencé même un peu avant ça, en stage en 2005, donc, une histoire qui remonte à très longtemps. Et je suis rentré au sein de l’équipe « Flow Management », c’est l’interface avec les ateliers.
Déjà à l’époque, j’avais l’occasion de travailler avec des sous-traitants en Italie. Il y avait un peu de voyages, ce qui était assez inattendu pour un stage, avec des responsabilités assez importantes. Ça m’a vraiment donné envie d’en savoir plus sur Louis Vuitton. C’est comme ça que je suis rentré en CDI début 2008 au poste de Distribution Planer, donc en charge du niveau du stock et de l’approvisionnement des magasins.

Je m’occupais à l’époque de l’Italie et du Moyen-Orient principalement. J’ai eu la chance de faire partie de l’aventure Europe du Sud, et j’ai fait partie de l’équipe qui a commencé l’aventure à Milan. On n’avait même pas encore de bureau. On avait une petite équipe dans des bureaux temporaires. Et puis après, on est passés de cinq, six, dix, quinze… On est montés à cinquante personnes… Ça faisait un mélange avec une énergie incroyable. C’est vraiment pendant deux ans une super expérience.
Sur la fin de cette expérience en Europe du Sud, j’étais détaché sur un projet spécifique d’implantation d’un entrepôt à Dubai pour approvisionner tout le Moyen-Orient. Donc ça aussi, une nouvelle découverte. Un peu plus dépaysant que Milan. Du coup, j’ai passé six mois à Dubai.
Une fois que l’entrepôt avait été lancé, j’avais choisi de rentrer à Paris. Je voulais essayer autre chose que la supply chain. J’avais envie de voir le dernier maillon après avoir vu un peu les ateliers, un peu tout l’approvisionnement. Je voulais voir comment ça se passait en magasin. Et donc, j’ai commencé en Sales Manager aux Champs-Élysées. Et ça n’a pas duré très longtemps parce qu’on m’a proposé une opportunité à New York juste après, à nouveau en supply chain.
Je me souviens très bien, c’était un mercredi, un mercredi off puisque je travaillais en magasin à l’époque. J’étais tranquillement en train d’ouvrir les cartons. Je reçois un coup de fil et on me dit : « Ne range pas tout de suite tes cartons, tu auras peut-être besoin de les refaire rapidement parce qu’il y a une opportunité à New York. Est-ce que ça t’intéresse ? » Évidemment, ça m’intéressait. J’étais ravi de ce que je faisais aux Champs-Élysées en magasin, mais l’appel de New York était encore plus fort. Du coup, j’ai refait mes cartons et on est partis quelques mois plus tard pour New York.

J’étais en charge de toute la supply chain maroquinerie et accessoires, une partie prévision de vente et une partie distribution. Une partie qui était nouvelle aussi, c’était la partie management, avec une équipe à construire là-bas. Encore une fois, des cultures différentes, ce à quoi je m’attendais peu. Je m’attendais à Dubai que ce soit très différent. New York, je ne sais pas. On a l’impression qu’on connaît parce qu’on le voit tous les jours à la télé, dans tous les films. Mais en fait, la culture américaine est très différente de la culture latine, française. Du coup, pas mal à apprendre aussi là-dessus. J’ai adoré cette expérience, cinq ans en tout. Je n’ai pas vu le temps passer. Et depuis un an et demi, je suis rentré à nouveau à Paris en supply chain central. Je suis en charge de la distribution.
Je pense que la mobilité, c’est un mélange de plusieurs ingrédients : à la fois une prédisposition, il faut pouvoir le faire, même juste logistiquement ; il faut être prêt à se dire que dans deux mois ou trois mois, on est à l’autre bout du monde. Il faut surtout avoir envie et être curieux, avoir le bon état d’esprit. Et derrière, il faut aussi… que les opportunités soient là en face. C’est à la fois les équipes RH, les équipes managériales qui font en sorte qu’on mette les candidats en face des opportunités, et en tout cas, pour moi, c’est comme ça que ça s’est passé. Ce n’est pas quelque chose qui a été calculé dès le début. C’est plus des opportunités qui se sont présentées et que j’ai saisies au moment où elles sont arrivées.

Jeremy, Demand Sizing & Distribution Manager

フランスからポルトガルへ

フランスからポルトガルへ

3:57

毎回新たな扉を開きますが、こうした新たな扉を開くことができるのは、その前の扉を開けることに成功してきたからです。

***

シモン、41歳。エンジニアの教育を受け、フランスのリールで学士を取得。今では約20年の職務経験があり、11年前からルイ・ヴィトンに勤務しています。

仏南東部のドロームとアルデシュにあるアトリエでロジスティック責任者としてスタートし、その後、製造主任、生産責任者としての新しい役目を引き受けるため、アルデシュのアトリエへ赴任しました。

製造部門への異動は、私の学歴や、マネージメントへの関心からして自然な流れでした。ロジスティック責任者の目を通してビジネスの課題を見てきたことが、アトリエの技術面や組織構造面の変革の促進にあたる際に大きな強みになったのは確かです。スティーブン・スプラウスやリチャード・プリンスといったアーティストとのコラボレーションに際してこうしたすべての課題を理解するには、物事を迅速に進める必要があるということ、そして、お客様が製品をすぐに入手されたいと思っているという認識も必要です。それがあれば、アトリエのレザー職人たちへの説得力も増します。

その後、ポルトガルでさらにキャリアを積む機会を得ました。仕事自体はこれまでに経験したものとそう変わりませんでしたが、大きく異なっていたことがひとつ。まったく新しい事業所を立ち上げてその成長を図るという仕事です。

このチャンスは、私にとっては、必ずしも当然の流れと言えるものではありませんでした。しかし引き受けたからには、チャレンジへ向けて猪突猛進あるのみ。新しい扉を開き、自分の将来のキャリアを想像しながら、その道への一歩を踏み出すという気持ちでした。

ポルトガルに赴任した私を取り囲む環境はまったく新しいものでしたが、私の頭には、メゾンのDNAについての極めてはっきりした認識がありました。メゾンに貢献するために何が必要か、製品に対する嗜好や細部へのこだわりに関して何を伝えるべきかについて。そのおかげで、この仕事はとても素晴らしいものになりました。ポルトガルの新しいチームがルイ・ヴィトンをすんなり受け入れたこともそうですが、仕事の中身も、人間も、仕事のやり方もすべてが素晴らしかったのです。

ポルトガルのことは何も知りませんでしたし、ここで働く機会を得るまで、ポルトガルに来たことさえありませんでした。赴任してからポルトガル語を学びました。新しい言語を学び、自分を表現する方法を知るのは、常にとても有意義なことです。
同じヨーロッパの国なので、共通点は多少あるにしても、大切なことは、自分の国の文化とは大きく異なる文化にどっぷり浸かることで多くを学べるということです。これは、私が現在マネジメントをする上でも大いに役立っています。取引先のサプライヤーは、イタリアのサプライヤーだったり、ヨーロッパのその他の国のサプライヤーだったりしますから。彼らの「ものさし」は私たちのとは違うということを心得ています。

昨年から、ここポン・ヌフの素材部門を担当し、20名ほどの小さなチームを取りまとめています。ここでのチームマネジメントのビジョンは、私がこれまで経験したものとは大きく異なっています。

しかし、一つ確かなことは、ポルトガルで働く機会に恵まれたことで、作業効率を上げることができるように仕事のやり方を調整する必要性と調整方法をすばやく理解できるようになったこと。結局のところ、それこそが違いを生むのですから。自分がイニシアティブをとることのみに頼るよりむしろ、周りの力を生かす能力が大事なのです。

シモン、メタルコンポーネンツ アクティビティマネージャー

On pousse à chaque fois des nouvelles portes mais on arrive à pousser ces nouvelles portes parce qu’on a su ouvrir les portes précédentes.

***

Je m’appelle Simon, j’ai 41 ans, je suis ingénieur de formation, j’ai fait mes études en France, à Lille. J’ai un parcours presque d’une vingtaine d’années maintenant, et ça fait onze années que je suis dans la Maison Louis Vuitton.

J’ai commencé comme Responsable Logistique sur les Ateliers du Sud-Est, dans la Drôme et l’Ardèche avant d’évoluer vers des responsabilités de Chef de Fabrication, de Responsable de Production sur l’Atelier de l’Ardèche.

L’évolution vers le poste de fabrication était assez naturelle en fonction de ma formation, et puis de mon goût pour le management, et c’est vrai que d’avoir vu ces enjeux business au travers du poste de Responsable Logistique, c’était une vraie force pour pouvoir accompagner les changements sur les savoir-faire et sur l’organisation au sein de l’atelier. Et le fait de comprendre tous ces enjeux quand on a des collaborations très exceptionnelles avec des artistes comme Stephen Sprouse, comme Richard Prince, on prend conscience qu’on doit aller vite, que les clients ont envie d’avoir le produit rapidement, et on a une légitimité assez forte vis-à-vis des maroquiniers, des artisans.

Ensuite, j’ai eu la possibilité d’évoluer et d’aller au Portugal sur un métier relativement similaire à celui que je connaissais, mais dans un environnement très différent puisque dans le cadre d’une création de site et d’un développement de la croissance de ce site.

C’est une opportunité qui s’est présentée, ce n’était pas forcément quelque chose d’écrit d’avance. Après, c’est le goût du challenge, c’est le goût d’aller pousser aussi des nouvelles portes et puis d’écrire un parcours, un voyage, et ça s’est fait comme ça pour moi.

Je suis arrivé au Portugal dans un environnement complètement nouveau, mais en étant vraiment très au clair sur l’ADN de la Maison, qu’est-ce qu’il fallait y apporter, qu’est-ce qu’il fallait transmettre, le goût du produit, le sens du détail, et c’est ça qui était formidable, c’est que les nouvelles équipes au Portugal étaient très réceptives sur Louis Vuitton, c’est quoi, c’est qui, comment on travaille.

Moi, je ne savais rien du Portugal, j’ai mis la première fois les pieds au Portugal quand on m’a proposé d’y travailler, j’ai appris la langue sur place, ça a été aussi une richesse d’apprendre une nouvelle langue, de comprendre comment on exprime les choses.
Finalement, on comprend beaucoup de choses en étant immergé dans une culture qui est différente, même s’il y a peut-être des points communs parce qu’on reste dans un pays européen. Et dans mon management aujourd’hui, ça m’aide beaucoup, je travaille avec des fournisseurs qui sont pour certains en Italie, pour d’autres dans d’autres pays d’Europe, et je sais que leur référentiel est différent du nôtre.

J’ai rejoint les équipes du Siège ici au Pont Neuf depuis l’année dernière où je m’occupe d’un pôle matière et j’encadre une petite vingtaine de personnes sur, cette fois-ci, plusieurs métiers. Il y a une vision du management de l’équipe qui est différente que celle que j’avais pu expérimenter par le passé.

Ce qui est sûr, c’est que de pouvoir avoir cette opportunité d’avoir travaillé au Portugal, c’est un accélérateur pour comprendre et savoir s’adapter, adapter son mode de fonctionnement, parce que c’est ce qui fait la différence à la fin, c’est de pouvoir s’appuyer sur les forces des uns et des autres plutôt que sur uniquement sa propre volonté.

Simon, Metal Components Activity Manager

別のメゾンへ

LVMHグループを象徴するメゾンの一つであるルイ・ヴィトン。ラグジュアリーの世界的リーダーであるこのグループは、ワイン&スピリッツ、ファッション&レザーグッズ、フレグランス&コスメティック、ウォッチ&ジュエリー、選別的流通の各部門を同時に取り扱い、チャレンジ精神旺盛な者すべてにとって比類なきプレイグラウンドとなる卓越したメゾン70社を集結しています。

LVMHグループに関する詳細は:www.lvmh.com

メゾン ヴーヴ・クリコからルイ・ヴィトンへ>

メゾン ヴーヴ・クリコからルイ・ヴィトンへ

3:45

LVMHグループでのキャリアパスでは、さまざまな職種や経験、さまざまなメゾンにチャレンジすることが可能です。ワイン&スピリッツでキャリアをスタートし、最終的にはファッション分野で働くといったことがルイ・ヴィトンでは可能なのです。

***

サラ、31歳。現在ルイ・ヴィトン本社の人事マネージャーをしています。

サン・ドニで生まれた私は、こんな自分がどうすればLVMHグループのような素晴らしい企業に入社できるのだろうとよく考えていました。履歴書を送るのさえためらわれたほどです。でも、自分にこう言い聞かせました。最初から諦めるべきではない。反対に思い切って応募してみるべき。試してみたって損はないと。それが、そもそもの始まりでした。
私が、自慢に思っていることは、外国で働き、外国語で毎日仕事をこなし、外国で生活することができたことです。特段語学の才能を持ち合わせているわけでも、外国旅行をしたことがあるわけでもなかったのにです。私にとって外国で働くことは、とても重要でした。

約8年前からLVMHグループに勤務しています。2010年9月に採用担当としてヴーヴ・クリコに入社し、数ヶ月後にはメゾン ヴーヴ・クリコとクリュッグの人事開発責任者のポジションへキャリアアップする機会に恵まれました。

その後、海外勤務を通して、人事の業務に対する新しい視点や見識を広めたいと思うようになりました。モエ ヘネシーに入社するチャンスが訪れ、同社で人事マネージャーとして働きました。
結局、ロンドンのモエ ヘネシーで3年近く経験を積んだ末に、新たなチャレンジとして、ルイ・ヴィトン本社の人事マネジャーのポストに就くことができました。

ルイ・ヴィトンに入社したのは、何といっても、新しいキャリアを通じて、新しい世界、新しい業種を体験し、挑戦してみたかったからです。他の選択肢もありましたが、一番チャレンジしたいと思ったのがルイ・ヴィトンでした。エクセレンスと成功のイメージの裏にあるもの、この確立されたブランドの裏にあるものを見てみたい、舞台裏がどうなっているかを知りたいと思いました。特に人事の観点から、こうした成功を日々、裏で支えているのはどんな社員たちなのかを知りたいと思いました。もちろん、自分の仕事に付加価値を添えることによって、こうした成功に一役買いたいとも思いました。

一つのメゾンから別のメゾンへ移るときに高い壁となるのは、企業文化やマネジメントスタイルがそれぞれ異なっているという点です。しかし、ルイ・ヴィトンにはそんな壁などありません。LVMHグループのCEOたちには、個々のスタイルを打ち出し、独自の功績を残すということが許されているためです。私が物事を柔軟に考えることができるようになったのも、この多様性のおかげだと思います。まだ終わったわけではなく、この先、まだまだ冒険が控えています。グループを構成するさまざまな職務、組織、文化に関してこれからも探求していきたいです。

サラ、人事マネージャー

Le Groupe permet réellement d’avoir plusieurs vies dans une vie, de vivre des métiers différents, des expériences différentes, des Maisons différentes, et on peut tout à fait commencer dans un secteur d’activité des vins et spiritueux, et arriver comme aujourd’hui au sein de l’univers de la mode chez Louis Vuitton.

***

Je m’appelle Sara, j’ai 31 ans et je suis actuellement Responsable des Ressources Humaines au Siège de la Maison Louis Vuitton.

Je suis née en Seine-Saint-Denis et je me demandais dans quelle mesure je pouvais avoir accès à un groupe comme celui-ci. J’avais hésité même à envoyer mon CV. Là, je me suis dit qu’il ne fallait pas que je m’autocensure et qu’il fallait au contraire que je postule et que je ne prenais finalement aucun risque à essayer, et c’est comme ça que l’histoire a commencé.
Et ensuite, ma deuxième grande fierté, c’est d’avoir évolué à l’international, d’avoir fait mon métier dans une langue différente au quotidien, d’avoir vécu dans un pays différent alors même que, là aussi, je n’avais pas nécessairement cette habileté à parler une langue étrangère, je n’étais pas nécessairement beaucoup partie, et relever ce défi était très important pour moi.

Ça fait près de huit ans que j’évolue au sein du groupe LVMH. J’ai intégré la Maison Veuve Clicquot en septembre 2010 en tant que Chargée de Recrutement et, quelques mois après mon arrivée, j’ai eu la chance d’évoluer à un poste de Responsable du Développement des Ressources Humaines pour la Maison Veuve Clicquot et la Maison Krug.

Ensuite, j’étais avide de partir à l’international et de vivre une autre façon de faire des ressources humaines, d’avoir d’autres perspectives, d’autres angles de vue, et j’ai eu la chance de rejoindre Moët Hennessy, et j’étais là-bas Responsable des Ressources Humaines pour la filiale et j’avais un scope très généraliste en ressources humaines.
Enfin, au terme de près de trois ans d’expérience au sein de Moët Hennessy UK basée à Londres, j’ai souhaité découvrir de nouveaux horizons, d’où mon arrivée au sein de la Maison Louis Vuitton en tant que Responsable RH basée à Paris.

La raison pour laquelle j’ai rejoint la Maison Louis Vuitton est qu’en premier lieu justement, je voulais découvrir un tout nouvel univers, une nouvelle industrie, des nouveaux métiers, me challenger de ce point de vue-là. Ensuite, j’aurais pu faire un autre choix, mais pour moi, rejoindre la Maison Louis Vuitton, c’était une évidence dans la mesure où c’est une Maison qui suscitait ma curiosité, elle est très impressionnante et j’avais envie de découvrir ce qu’il y avait derrière cette image d’excellence, de réussite, derrière ce modèle, et de comprendre ce qu’il y avait dans les coulisses, et aussi, en particulier, en tant que RH, de voir qui étaient les acteurs de cette réussite au quotidien. Et enfin, de prendre moi-même part à cette réussite en apportant de la valeur ajoutée dans mon métier.

Le challenge, quand on évolue d’une Maison à une autre, c’est que les cultures d’entreprise sont différentes, les styles de management sont différents, parce que le Groupe laisse aussi beaucoup d’autonomie aux présidents de Maison pour exprimer leur style et leur signature. En cela, ce qui a été passionnant, c’est que ça m’a donné, je pense, au gré de ces expériences, de plus en plus d’agilité culturelle. Ce n’est pas terminé, il y a encore d’autres aventures à vivre et encore beaucoup à apprendre du point de vue de la connaissance des métiers, des organisations et des cultures.

Sara, Human Resources Manager