HACKATHON:ロジスティックセンターでの48時間

2018年5月14~15日、ルイ・ヴィトンのロジスティックセンターにてハッカソンが開催されました。セルジー・ポントワーズにある同センターの総床面積は20 000 m2。ルイ・ヴィトンの製品は、この近代的な「グリーンビルディング」を拠点として世界中に配送されています。
今回挑戦したのが、2日で革新的な未来の顧客体験を練ること、そして近未来の流通モデルを考案することでした。挑戦者は、リテール、サプライチェーン、マーチャンダイジングなど、あらゆる職種を代表する才能ある80人。国籍もさまざまな彼らは14チームに分かれ、コーチやメンターたちからのサポートを得ながら作業にあたりました。
ルイ・ヴィトンの革新のために、挑戦者たちは短時間に次々とアイディアを生み出し、デジタル化やソリューションをテーマとするクリエイティブなプロジェクトを提案しました。部門を超えた取り組みは、参加者間の連携の強化につながりました。勝利を逃したチームは、次の機会には雪辱を果たそうと心に誓っているようでした。さて、次回のテーマは何でしょう?

以下でシェアする: