Join our Maison

Recruitment process

ルイ・ヴィトンでは、応募される方のキャリアに応じた採用プロセスを用意しています。どこの国で働きたいのか、ルイ・ヴィトンのどの部署を希望するのか、ルイ・ヴィトンが提供する100余りの職種のうちのどのポジションに興味があるのかによってもプロセスは変わってきます。ルイ・ヴィトンでは、社員それぞれのキャリアバスはカスタマイズされますが、会社を成功に導く企業文化とDNAは全員で共有しています。


  • 1/4

    人事面接

    最初の人事面接では、まず、自己紹介をしていただき、次に応募理由をお聞かせいただきます。次に、あなたの学歴、職歴、スキルそしてご希望をより詳しく聞かせていただきます。弊社の企業理念、募集要項、チャレンジ、勤務形態、組織についてなど、ご質問がございましたら、その際にお聞きかせください。※採用プロセスは国によって異なります。

    Advice

    面接の前に、少なくとも一度は店舗は訪れ、ルイ・ヴィトンの世界に浸ってみてください。ルイ・ヴィトンの歴史や製品に関心を持ちましょう。店舗で行なわれる人事担当者との面接にきっと役立つことでしょう。

  • 2/4

    ステップ 2:直属の上司との面接

    この面接では、(未来の)相談相手となるマネージャーと会う機会となります。クライアントアドバイザーはチームマネージャーと、チームマネージャーはストアマネージャーと面談します。ストアマネージャーにはリテールディレクターと面談していただきます。

    Info

    採用プロセスは一つではありません。あなたの意見が反映されるようお手伝いいたします。

  • 3/4

    ステップ 3:各マネージャーとの面談

    クライアントアドバイザーに応募された方は、このステップではストアマネージャーと面接が行なわれます。チームマネージャーの場合は、リテールディレクターが面接を担当します。クライアントエクスペリエンスやチームワークなど、ルイ・ヴィトンが期待する要件を詳細に確認させていただきます。この面接は人事ディレクターが行なう場合もあります。

    Info

    ご応募いただいたポジションによって採用にかかる期間は異なります。

  • 4/4

    ステップ 4:各ゾーンプレジデントとの面接

    同じマネージメントビジョンをもてるか?同じ戦略を共有できるか?同じ対顧客意識を共有できるか?これらの質問は個別インタビューの際に聞かれる可能性があります。※全ての方がこの面接を受けるわけではありません。

  • オフィス勤務のポジションは、それぞれ業務内容が異なります。そのため、採用プロセスは応募者ごとに異なります。

    ※採用プロセスは、求人内容、募集用件、職務、応募される方の経歴によって異なります。

    個別インタビューには、以下のチームが面接を担当します。

    • 人事の採用担当
    • 部門のマネージャー

    面接の目的は、あなたの経歴、スキルや要望・夢についてより詳細に知ることにあります。面接時には、ルイ・ヴィトンの基本理念、文化、経営手法、組織について質問することができます。
    応募者のご意見をしっかりと確認する機会となります。

    履歴書を忘れずにご持参ください。

    Advice

    質問を準備される際は、必ず採用情報をお読みください。前もって質問を準備し、応募する部署の活動内容について調べること、店舗を訪問すること、公式ページでルイ・ヴィトンの最新情報や製品について学んでおくことをお勧めします。